光彩グループ

全5施設の有料老人ホーム・デイサービスを運営する「光彩グループ」。
個性を活かしながら、互いに尊敬・協力しあい心豊かに生きる施設にしたいという創業者の願いが、スタッフや利用者・関係者にも伝わるよう、理念構築から基本デザイン・関連資料制作までを担当しました。

4 Steps of Realize YOUR HOPE

プロジェクトを成功させる
4つのステップ

イメージを実現するためには、基本となるコンセプトやイメージを明確にしてから、
デザイン・運営方法へと進むことが大切です。

Concept Making

コンセプトConcept

あなた色の輝きを真心でサポートする光彩グループ

コンセプトを3つの目標にThree Stems

理念は願いを言語化するため、抽象的な言葉で表現されるのが一般的です。
光彩グループの理念をより明確に伝えるため、理念を具体的な3つの目標に分けました。

・健康に長生きしましょう
・互いに思いやり、笑いましょう
・顔の見えるコミュニケーションをしましょう

目標を実現するための行動指針を作成Define the Purpose

3つの目標が明確になっても、具体的な行動としてイメージしにくいものです。
一人一人の行動指針となる10の基準を設けることで、
行動基準が達成されると、3つの目標に近づき、それが理念の実現につながるという仕組みを作りました。

光彩グループ行動基準

Basic Design

ロゴマーク&コンセプトカラーDesigning Logomark

一人一人の違いが調和し、美しいハーモニーになるイメージから「虹色」をイメージさせる色の組み合わせにし、つながりあう心とグループとしての調和を「丸」という形で表現しました。

また5つの施設それぞれのコンセプトカラーを決め、ロゴマークは形が同じにし、色を違えることで、どの施設か一目でわかるようにしました。

Plannning & Designning

送迎車両デザインPick-up Car Designing

施設では用途に合わせ、大きさの異なる2つのタイプの車両が使用されています。
光彩グループらしいイメージづくりを目指し、一般的なロゴマークのみを貼るスタイルではなく、車両全体に流れるような虹色のグラデーションのステッカーを貼り、のびやかで美しい調和が感じられるデザインにしました。

看板・エントランスEntrance

施設のロゴマークを、屋外看板やエントランス表示に使用し、統一感を出しました。

Planning for Operation

会社概要Company profile

取引先やご利用者様に、会社の方針や今後の事業展開について、わかりやすく理解していただけ、信頼を得られる紙面づくりを目指しました。
格式のある印象を重視しながら、光彩グループらしい、明るさややさしさも感じられるデザインにしました。

リーフレットPamphlet

有料老人ホームとデイサービスのご利用者様向けのリーフレットでは「光彩グループの理念」を3つの柱にわけたページ構成で、わかりやすく説明しています。
「施設の設備について」「サービスについて」「1日のタイムテーブル」「医療機関との連携」「ご家族とのコミュニケーション」について、写真やピクトサインを交えながらわかりやすくまとめました。

基本情報は、A4版の3つ折りリーフレットに、5つの施設ごとの案内は別紙で作成し、各施設でリーフレットに別紙を差し込んでお渡しできるよう、工夫しました。

オフィス関連アイテムOffice Printed Items

名刺・封筒・レターヘッド・FAX送信原稿などのアイテムをデザインしました。
一貫性のあるデザインのアイテムを使うことで、取引先やお客様からの信頼が得られます。

works

運営会社:光彩株式会社
施設所在地:福岡県3施設・佐賀県2施設
業務形態:有料老人ホーム・デイサービス
プロデュース期間:2013年6月〜2015年12月
プロジェクトディレクター:佐座 靖子

works一覧へ