夢あそび

2014年。神戸の異人館エリアにたたずむ会員制サロン「夢あそび」をプロデュース。
安藤忠雄氏の建築に合わせた、高級感のあるスペースづくりと、くつろぎの空間で、良質なお食事を愉しみながら、静かな癒しのひとときを堪能していただける時間を演出しました。

4 Steps of Realize YOUR HOPE

プロジェクトを成功させる
4つのステップ

イメージを実現するためには、基本となるコンセプトやイメージを明確にしてから、
デザイン・運営方法へと進むことが大切です。

Concept Making

コンセプトConcept

癒しと語らいのまごころサロン

目的を明確にDefine the Purpose

そこに身を置くだけで価値が生まれるような、
調和のとれた「空間づくり」と「時間の演出」のバランス感を大切にしました。

また、気軽に、繰り返し足を運んでいただけるような、
癒し・食・催しなどのサービスをプランニングし、
心地のよい特別な場所として愛されることを目指しました。

Basic Design

ロゴマーク&コンセプトカラーDesigning Logomark

高級感のあるヨーロピアンなイメージを目指し、
曲線の美しさで女性らしさを、植物のモチーフでナチュラル感の感じられる
エンブレム風のデザインにしました。

コンセプトカラーを「ゴールド」にすることで、
インテリアや印刷物のアクセントカラーとしても印象的な役割を果たします。

Plannning & Designning

インテリアInterior design

プライベートで高級感のある特別な空間が、閉鎖的なイメージにならないよう、
大きく枝を広げた外の樹々へと目線が広がるよう工夫し、外から注ぐ光とシャンデリアや調度品の光沢感を組み合わせ、緑と光の調和によってリフレッシュした気持ちになるようなインテリアにしました。

サロンエリアSalon

広く開放感のあるスペースに、丸いテーブルを複数置くことで、和やかで会話のはずみやすいインテリアにしました。
シャンデリアや装飾のある調度品を組み合わせ、余裕のある配置にすることで、高級感を感じながら居心地のよい空間になりました。

マッサージルームMassage room

複数あるマッサージルームは、明るくホッとするイメージになるよう、アイボリーとやわらかなサーモンピンクを基調とした色合いに整えました。

カウンセリングルームCounseling room

レンガの壁面を活かしながら、心を開いて話しやすい空間づくりをしました。

ガラス扉Logomark on the Glass Door

エントランスのガラス扉、部屋のガラス扉に、ゴールドのロゴステッカーを貼り、個人宅ではない「店舗」としてのイメージを強調しました。

Planning for Operation

リーフレットPamphlet

夢あそびに足を運んだことのないお知り合いに、サロンのことを紹介する際に手渡せる、
イメージを中心とした、3つ折りリーフレットを作成しました。

表紙にはロゴマークを大胆にゴールドで箔押し。
コンセプトをビジュアルで伝えることを目的とした印象を重視したデザインにしました。

料金表やサービス案内は、別紙ではさみこむスタイルに。
営業しながらサービスや料金の内容が変動しやすい店舗の場合、さしこみ式の印刷物で柔軟に対応できることは便利でスマートです。

オフィス関連アイテムOffice Printed Items

封筒・FAX送信原稿・領収証などのアイテムをデザインしました。
ロゴマークが印刷され、イメージに一貫性のあるアイテムを使うことで、取引先やお客様からの信頼が得られます。

名刺Business Card

レインボーに光る箔でロゴマークを押すことで、一般の店舗と差別化し、高級感のある印象的な名刺に仕上げました。

works

施設名:夢あそび
所在地:兵庫県神戸市中央区北野町1-2-2
業務形態:プライベートサロン
プロデュース期間:2014年6月〜2015年2月
プロジェクトディレクター:佐座 靖子

works一覧へ